独自審査がウリの消費者金融はブラックへの審査が甘い?



独自審査がウリの消費者金融はブラックへの審査が甘い?

 

消費者金融で審査が甘いと言われているところであっても、
個人信用情報機関での信用調査は必ず行っているはずです。

 

 

消費者金融の系統によって加盟している機関が異なることから、
そこを突けば、たとえブラックであっても、審査は甘いと言われています。

 

 

しかし実際は・・・
消費者金融系の日本信用情報機構
銀行系の全国銀行個人信用情報センター
クレジット系のCIC
この3つの間でも情報が共有されているようです。

 

 

つまり、ほとんどの消費者金融は審査の際に見ようと思えば、
事故歴=ブラック情報を含めた、
あなたの信用情報を見ることができるワケです。

 

 

そう考えると、系列うんぬんではなく、
結局は各社の審査基準次第ということになります。

 

 

たとえば、他社からの借り入れ件数を何件まで許容するのか。
収入に対して月々の返済額をどこまで許容範囲とするのか。
他にも勤続年数や勤務先企業の評価など、審査項目はいくつもあります。
申し込み中の服装や言葉使い、態度なども評価されているという話もあります。

 

 

ブラックだろうと誰であろうと
絶対に貸してくれる「審査の甘い」消費者金融などというものはありません。
あるとすれば闇金です。

 

 

結局、他社と違う『独自の審査基準』を採用している消費者金融に、
ブラック情報などのマイナス点も含めた
自分の有している条件が許されるかどうかを試してみるほかありません。

 

 

つまり、他社で否決されても、
『独自の審査基準』の場合にはOKが出ることがある点に注目するわけです。

 

 

これは、ブラック者も含めた全ての人に審査が甘いといったものではなく、
他の消費者金融とは違う融資条件を持っていて、
それに該当すれば他社で断られても融資が受けられ場合があるということです。
(逆にいえば、他社では通ったのに、一方では断られることもあるわけです。)

 

 

「じゃあ、その独自審査がウリの消費者金融を教えてよ!」
「審査に通りやすいところ、教えてよ!」」

 

 

・・・って思いますよね?

 

 

当サイト経由で申込みをした人が、
実際にどのくらいの割合で審査に通っているか、
特集記事にまとめましたので、ぜひご覧になっていって下さい。

 

 

⇒ 【特集】実際の審査通過率データが導く、あなたが借りれるトコロとは?




 

 【特集】実際の審査通過率データが導く、あなたが借りれるトコロとは?

 

特集画像

当サイト経由で融資の申し込みがされた場合、それが実際に融資まで至ったどうかがデータとして残ります。そのデータさえ見れば、どの金融機関が一番審査を通りやすいかは一目瞭然です。


この「融資通過率」とも言うべき数字は、消費者金融でブラックとなった人が採るべき行動を明らかにしてくれます。


つまり、最初はココに融資を申し込んでみて、ダメだった次はあそこ、それでもダメなら次は・・・という具合です。


⇒ 特集記事を読む

独自審査がウリの消費者金融はブラックへの審査が甘い?関連ページ

消費者金融の規模に反比例して、ブラックへの審査が甘い傾向あり。
消費者金融で「審査が甘い」とは具体的にどういうことなのか、ご存知ですか? また、ブラック者でも審査の結果がOKになるケースがありますが、何故だか分かりますか?
ブラックへの審査が甘いと噂の消費者金融「ライブドアクレジット」を検証
WEBでブラックでも審査が甘い消費者金融の情報を探していると、このライブドアクレジットを勧める人が多いです。でも「本当かなぁ・・・」と思ってしまうのは、私だけでしょうか?