任意整理してブラックになったら、消費者金融は使えないの?



任意整理してブラックになったら、消費者金融は使えないの?

 

任意整理をすると事故情報(ブラック情報)が信用機関に記載される場合が多いので、
どうしても消費者金融から新たに融資を受けるのは難しくなります。

 

 

たとえば全ての借金がチャラになっている自己破産と比べてみても、
任意整理をするということは、借金がまだ残っている状態なので、
任意整理後に借りられる消費者金融はそんなに多くはないはずです。

 

 

返済余力がないと判断されるでしょうし、
任意整理しているにも関わらず新たな借り入れをしようとする無計画性も
審査上のマイナスポイントになるはずです。

 

 

ただ、任意整理前に比べれば返済に余裕が出ているのも事実。

 

 

そこに注目して考えてみると、
新規顧客獲得に躍起になっている中小の消費者金融であれば、
任意整理中でもブラック扱いせずに審査を通す場合もあるかもしれません。

 

 

あとは任意整理という事故情報(ブラック情報)を閲覧しない消費者金融であれば、
これも融資可能になるでしょう。
つまり、あなたのブラック情報を保管している個人信用情報機関に加盟していない業者。

 

 

それを知るためには、まず下記の個人信用情報機関すべてで
自分の信用情報を閲覧します。

 

 

消費者金融系なら → 日本信用情報機構
銀行系なら → 全国銀行個人信用情報センター
クレジット系なら → CIC

 

 

さらに各機関のホームページには加盟消費者金融の一覧がありますので、
あなたが利用しようとしている業者が入っていないかチェックします。

 

 

この作業をすれば、任意整理中でもブラック扱いされずに融資を受けられる
消費者金融を探すことができるはずです。

 

 

とは言え・・・あまりお勧めはしません。
任意整理をした以上、新たな借り入れは絶対に控えるべきだと、私は思います。
偉そうなこと言えた身分ではないですが・・・。




 

 【特集】実際の審査通過率データが導く、あなたが借りれるトコロとは?

 

特集画像

当サイト経由で融資の申し込みがされた場合、それが実際に融資まで至ったどうかがデータとして残ります。そのデータさえ見れば、どの金融機関が一番審査を通りやすいかは一目瞭然です。


この「融資通過率」とも言うべき数字は、消費者金融でブラックとなった人が採るべき行動を明らかにしてくれます。


つまり、最初はココに融資を申し込んでみて、ダメだった次はあそこ、それでもダメなら次は・・・という具合です。


⇒ 特集記事を読む

任意整理してブラックになったら、消費者金融は使えないの?関連ページ

消費者金融からブラック扱いされたら自己破産したほうがいい?
消費者金融からブラック扱いされ、返済が難しくなった場合、自己破産という奥の手がありますが、誰でも簡単に自己破産が出来るわけではなく・・・