消費者金融からブラック扱いされたら自己破産したほうがいい?



消費者金融からブラック扱いされたら自己破産したほうがいい?

 

消費者金融からブラック扱いされてしまうと、
ほかの消費者金融から融資を受けるのが困難になり、
なかなか返済計画を立てにくくなりますよね。

 

 

そういう時は、「自己破産」してしまったほうがいいのでしょうか?
今回は、自己破産の概要についてご説明します。

 

 

自己破産とは、全ての財産を処分してしまう手続きの事です。
法律上では、負債も財産となりますので
財産を処分すると負債も全てチャラになるという事です。

 

 

どうしても消費者金融への支払いが困難になった場合には、
破産の手続きをすることによって今までの借金は全て無くなります。
ただし誰でも簡単に自己破産が出来るわけではなく、
あくまでも支払不能と判断された場合に許可されます。

 

 

たとえば、
「普通に仕事をしていて収入も十分にあるのに、
ちょっと消費者金融に借金があるから自己破産します」
という状況の時は、自己破産の許可がおりる確率は低いでしょう。

 

 

また計画的な破産と判断された場合や、
ギャンブルなどの浪費が原因の場合も、許可が降りない可能性があります。

 

 

また、契約に保証人がついている場合には、
請求は保証人に行ってしまいますのでご注意下さい。

 

 

もちろん自己破産にもデメリットはあり、
個人信用情報センターに事故情報(ブラック情報)として登録されるため、
借り入れやローンが組めなくなるので要注意です。
この情報は、7年〜10年で消えるようです。

 

 

とはいえ、消費者金融でブラック扱いされ、
どうしても負債を払いきれない場合は、
自己破産を考えてみる価値はあるでしょう。

 

 

自己破産の詳細については、
当サイト内の記事「債務整理は意外にデメリットが少ない。」や、
私が作成した債務整理の入門サイト「債務整理ガイドBOOK」をご覧下さい。




 

 【特集】実際の審査通過率データが導く、あなたが借りれるトコロとは?

 

特集画像

当サイト経由で融資の申し込みがされた場合、それが実際に融資まで至ったどうかがデータとして残ります。そのデータさえ見れば、どの金融機関が一番審査を通りやすいかは一目瞭然です。


この「融資通過率」とも言うべき数字は、消費者金融でブラックとなった人が採るべき行動を明らかにしてくれます。


つまり、最初はココに融資を申し込んでみて、ダメだった次はあそこ、それでもダメなら次は・・・という具合です。


⇒ 特集記事を読む

消費者金融からブラック扱いされたら自己破産したほうがいい?関連ページ

任意整理してブラックになったら、消費者金融は使えないの?
任意整理をすると事故情報(ブラック情報)が信用機関に記載される場合が多いので、どうしても消費者金融から新たに融資を受けるのは難しくなります。ですが・・・