消費者金融を9件も利用していると、ブラック扱いになりますか?



消費者金融を9件も利用していると、ブラック扱いになりますか?

 

消費者金融などからの借入れ件数が、
例えば8件、9件、10件以上あるような人は、
たとえ延滞などの事故情報(ブラック情報)が個人信用情報機関に記録されていなくても、
残念ながら審査に通るのは難しいと言わざるを得ません。

 

 

消費者金融はブラック情報の有無だけで審査をしているわけではありません。
借り入れ件数も重要な審査項目になりますし、
あなたに関する情報を総合的に分析して、合否?を出しています。
そう考えると、借り入れ件数が9件というのは厳しいでしょうね。

 

 

その9件の消費者金融がどの個人信用情報機関に加盟しているか、
によっても審査結果は異なるのかもしれませんが・・・。

 

 

ちなみに信用情報だけでなく、
あなたが申し込み用紙に記入した情報ももちろん重要な判断材料です。
勤務先の評価も関わってきますし、
勤続年数などが考慮される場合もあるでしょう。

 

 

さらに、昔聞いた話ですが、
服装や態度、人柄などもチェックしているらしいです。
無人契約機であっても、モニターの向こうではオペレーターがいて、
あなたの一挙一投足を見ていると思って下さい。

 

 

そういえば、昔テレビでやっていたのが、
芸人さんが消費者金融でいくら借りることができるのか、という企画。
その中で「スーツの方が審査の時の印象が良い」なんていうコメントがありました。

 

 

消費者金融で9件もの借り入れをしている場合、
事故情報(ブラック情報)を抱えていなくても、融資は厳しいはずなので、
なるべく印象を良くする努力もしてみるべきなのかもしれませんね。




 

 【特集】実際の審査通過率データが導く、あなたが借りれるトコロとは?

 

特集画像

当サイト経由で融資の申し込みがされた場合、それが実際に融資まで至ったどうかがデータとして残ります。そのデータさえ見れば、どの金融機関が一番審査を通りやすいかは一目瞭然です。


この「融資通過率」とも言うべき数字は、消費者金融でブラックとなった人が採るべき行動を明らかにしてくれます。


つまり、最初はココに融資を申し込んでみて、ダメだった次はあそこ、それでもダメなら次は・・・という具合です。


⇒ 特集記事を読む

消費者金融を9件も利用していると、ブラック扱いになりますか?関連ページ

消費者金融のブラックリストとは?
消費者金融などの話題になると出てくるのが「ブラックリスト」という言葉。ブラックリストと聞くと、まるで「要注意人物一覧」のような物騒なものを連想してしまがちですが、実際にはそういったリストが存在するわけではありません。
消費者金融一社からブラック扱いされたら、どこも融資してくれないの?
特定の消費者金融からブラック扱いされたら、他のどの消費者金融からも融資を受けられなくなるのかというと、必ずしもそうではありません。なぜなら・・・
銀行系の消費者金融はブラックでも使えるのか?
消費者金融の中には、銀行系の企業もあり、最近高い注目を浴びているようです。中には審査の柔軟なところもあり、他社でブラック扱いされている方にも 融資に応じてくれるケースもあるんだとか。なぜかと言うと・・・
消費者金融からブラック扱いされた時に時効ってあるの?
消費者金融で返済を遅滞した場合など、事故情報(ブラック情報)が信用情報に記載されますが、時効はないのでしょうか?結論から言いますと・・・