消費者金融からブラック扱いされた時に時効ってあるの?



消費者金融からブラック扱いされた時に時効ってあるの?

 

消費者金融に融資を受けた人が返済を遅らせてしまうと、
「ブラックリスト」に載せられてしまい、
以後、一切の融資を受けられなくなると考えている人は意外に多いようです。

 

 

しかし、このWEBマガジン内で再三触れている通り、
実際には「ブラックリスト」と呼ばれるものは存在しません。

 

 

クレジットカードやショッピングローン、キャッシングなどの支払いを
一定の期間、延滞した状態を「事故」または「延滞」といい、
個人信用情報に「事故情報(延滞情報)」が登録されます。

 

 

この事故情報は通称、ブラック情報と呼ばれていて
ブラック情報が登録された状態を、俗に「ブラックリストに載った」と表現しているだけです。

 

 

事故情報が載せられてしまうと、いろいろと困る事も事実です。
同じ信用情報機関を利用している消費者金融の審査に通りづらくなったりしますし・・・。

 

 

この事故情報は時効のように一定期間で消えたりしないのでしょうか?
一度延滞などの事故を起こしてしまうと、一生、ブラック情報が付きまとうのでしょうか。

 

 

結論から言いますと、一定期間で事故情報は消えるようです。
期間は状況によってまちまちで、
支払いは遅れてしまったが、その後返済は完了したといった場合には5年かかり、
自己破産などをしてしまった場合には7年ほどかかるようです。

 

 

もし、自分の事故情報の時効が気になるなら、
個人信用情報機関で自分の情報を開示してみることをお勧めします。

 

 

消費者金融系なら → 日本信用情報機構
銀行系なら → 全国銀行個人信用情報センター
クレジット系なら → CIC

 

 

この3つの個人信用情報機関で自らの個人情報の開示をして確認すれば、
あなたの信用の全貌が明らかになるはずです。

 

 

また、各機関のホームページには加盟会社の一覧がありますので、
自分が利用している消費者金融が加盟している個人信用情報機関が知りたい場合は、
そこを参照してみて下さい。

 

 

・・・言うまでもありませんが、事故情報に載せられて得をする事は一切ありません。
くれぐれも、消費者金融の利用は計画的に行いましょう!




 

 【特集】実際の審査通過率データが導く、あなたが借りれるトコロとは?

 

特集画像

当サイト経由で融資の申し込みがされた場合、それが実際に融資まで至ったどうかがデータとして残ります。そのデータさえ見れば、どの金融機関が一番審査を通りやすいかは一目瞭然です。


この「融資通過率」とも言うべき数字は、消費者金融でブラックとなった人が採るべき行動を明らかにしてくれます。


つまり、最初はココに融資を申し込んでみて、ダメだった次はあそこ、それでもダメなら次は・・・という具合です。


⇒ 特集記事を読む

消費者金融からブラック扱いされた時に時効ってあるの?関連ページ

消費者金融のブラックリストとは?
消費者金融などの話題になると出てくるのが「ブラックリスト」という言葉。ブラックリストと聞くと、まるで「要注意人物一覧」のような物騒なものを連想してしまがちですが、実際にはそういったリストが存在するわけではありません。
消費者金融一社からブラック扱いされたら、どこも融資してくれないの?
特定の消費者金融からブラック扱いされたら、他のどの消費者金融からも融資を受けられなくなるのかというと、必ずしもそうではありません。なぜなら・・・
銀行系の消費者金融はブラックでも使えるのか?
消費者金融の中には、銀行系の企業もあり、最近高い注目を浴びているようです。中には審査の柔軟なところもあり、他社でブラック扱いされている方にも 融資に応じてくれるケースもあるんだとか。なぜかと言うと・・・
消費者金融を9件も利用していると、ブラック扱いになりますか?
消費者金融からの借入れ件数が、9件も10件もあるような人は、たとえ延滞などの事故情報(ブラック情報)が個人信用情報機関に記録されていなくても、審査に通るのは難しいと言わざるを得ません。ですが・・・