消費者金融のブラックリストとは?



消費者金融のブラックリストとは?

消費者金融などの話題になると出てくるのが「ブラックリスト」という言葉。
ブラックリストと聞くと、まるで「要注意人物一覧」のような
物騒なものを連想してしまがちですが、
実際にはそういったリストが存在するわけではありません。

 

 

個人信用情報機関では、データベースの中に人物リストを作ってはいないので、
ブラックリストは存在しません。

 

 

通称で、返済に滞りの無い通常の情報をホワイト情報、
返済が滞った事故情報をブラック情報と言うことから、
ブラック情報が個人信用情報機関に登録されたことを、
「ブラックリストに載った」という言い方をされているようです。

 

 

つまり、ブラックリストというものは無いですが、事故情報は登録されるというわけです。

 

 

どのくらいの期間で事故になるのかというと、
本来の支払い予定日、つまりクレジットカードなら
毎月決まった銀行引き落とし日から3ヶ月間支払いが遅れた時点で
事故扱いとなり、事故情報が登録されます。

 

 

事故情報は登録されてから5年間は消えません。
この期間、どんなに審査が甘いクレジットカード会社に申込んでも審査は通りません。
そしてこの事故情報は踏倒したまま5年が経過すると
キレイに抹消され、再びクレジットカードを作れるようになります。

 

 

当然のことながら、いわゆるブラック扱いされても
プラスになる事はまったくありません。

 

 

消費者金融を利用する際は、
計画的な返済計画をもつことは、なによりも重要というわけです。




 

 【特集】実際の審査通過率データが導く、あなたが借りれるトコロとは?

 

特集画像

当サイト経由で融資の申し込みがされた場合、それが実際に融資まで至ったどうかがデータとして残ります。そのデータさえ見れば、どの金融機関が一番審査を通りやすいかは一目瞭然です。


この「融資通過率」とも言うべき数字は、消費者金融でブラックとなった人が採るべき行動を明らかにしてくれます。


つまり、最初はココに融資を申し込んでみて、ダメだった次はあそこ、それでもダメなら次は・・・という具合です。


⇒ 特集記事を読む

消費者金融のブラックリストとは?関連ページ

消費者金融一社からブラック扱いされたら、どこも融資してくれないの?
特定の消費者金融からブラック扱いされたら、他のどの消費者金融からも融資を受けられなくなるのかというと、必ずしもそうではありません。なぜなら・・・
銀行系の消費者金融はブラックでも使えるのか?
消費者金融の中には、銀行系の企業もあり、最近高い注目を浴びているようです。中には審査の柔軟なところもあり、他社でブラック扱いされている方にも 融資に応じてくれるケースもあるんだとか。なぜかと言うと・・・
消費者金融からブラック扱いされた時に時効ってあるの?
消費者金融で返済を遅滞した場合など、事故情報(ブラック情報)が信用情報に記載されますが、時効はないのでしょうか?結論から言いますと・・・
消費者金融を9件も利用していると、ブラック扱いになりますか?
消費者金融からの借入れ件数が、9件も10件もあるような人は、たとえ延滞などの事故情報(ブラック情報)が個人信用情報機関に記録されていなくても、審査に通るのは難しいと言わざるを得ません。ですが・・・