消費者金融 ブラック



  カテゴリ概要

プロフィール画像

ブラック扱いされると、何か日常生活に支障があるのか。 主婦や無職でも消費者金融でお金を借りることはできるのか。 利息の計算方法はどうなっているのか。 保証料を請求されたんだけど、どうすればいいのか。

 

現役(2013年1月現在)のブラック者である私が、可能な限り、 消費者金融に関する質問・疑問にお答えしていきたいと思います。 同じ境遇にある方、ぜひお役立て下さい。

 


消費者金融とブラックに関する「よくある質問」記事一覧

消費者金融などの話題になると出てくるのが「ブラックリスト」という言葉。ブラックリストと聞くと、まるで「要注意人物一覧」のような物騒なものを連想してしまがちですが、実際にはそういったリストが存在するわけではありません。個人信用情報機関では、データベースの中に人物リストを作ってはいないので、ブラックリス...
とある消費者金融に融資を申し込んだら、ブラック扱いされたのか、審査に落ちた!そんな経験をお持ちの方も多いかと思います。(もちろん私も経験済みです。)・・・焦りますよね。何か焦るって、もしかしたら、もうどこからも融資を受けられないんじゃないかって、不安になるからです。・・・結論から先に言えば、そんなこ...
消費者金融を運営している会社は数多くあり、どこに申し込んでいいのか迷っている人も多いと思います。消費者金融の中には、銀行系の企業もあり、最近高い注目を浴びているようです。中には審査の柔軟なところもあり、他社でブラック扱いされている方にも融資に応じてくれるケースもあるんだとか。今回は、この銀行系の消費...
消費者金融に融資を受けた人が返済を遅らせてしまうと、「ブラックリスト」に載せられてしまい、以後、一切の融資を受けられなくなると考えている人は意外に多いようです。しかし、このWEBマガジン内で再三触れている通り、実際には「ブラックリスト」と呼ばれるものは存在しません。クレジットカードやショッピングロー...
消費者金融などからの借入れ件数が、例えば8件、9件、10件以上あるような人は、たとえ延滞などの事故情報(ブラック情報)が個人信用情報機関に記録されていなくても、残念ながら審査に通るのは難しいと言わざるを得ません。消費者金融はブラック情報の有無だけで審査をしているわけではありません。借り入れ件数も重要...


 

 スポンサードリンク

 

 

 【特集】実際の審査通過率データが導く、あなたが借りれるトコロとは?

 

特集画像

当サイト経由で融資の申し込みがされた場合、それが実際に融資まで至ったどうかがデータとして残ります。そのデータさえ見れば、どの金融機関が一番審査を通りやすいかは一目瞭然です。


この「融資通過率」とも言うべき数字は、消費者金融でブラックとなった人が採るべき行動を明らかにしてくれます。


つまり、最初はココに融資を申し込んでみて、ダメだった次はあそこ、それでもダメなら次は・・・という具合です。


⇒ 特集記事を読む