消費者金融のブラックへの審査、OKとNGの別れ目は?



消費者金融のブラックへの審査、OKとNGの別れ目は?

 

消費者金融で「ブラック」といってもいろいろな種類があるようです。
状況により、融資がOKになったりNGになったりします。
なので、どんなブラックの種類があるのか見てみましょう。

 

 

ここでは「ブラック情報」=「事故歴」の種類別に、融資可能性を見極めてみたいと思います。

 

 

 

自己破産でブラック

 

自己破産後でも借りられる業者はいくつもあるようです。
今現在の経済状況が安定していれば、審査通過も可能でしょう。

 

 

任意整理でブラック

 

借りられる業者はありますが、自己破産ブラックよりは少ないようです。
少なくとも、任意整理後の返済が順調に進んでいることが大前提。

 

 

特定調停でブラック

 

借りられる業者はありますが、やはり自己破産ブラックよりは少ないです。
手元に残った借金と、現在のあなたの経済状況によりますね。

 

 

個人再生手続きでブラック

 

借りられる業者はありますが、自己破産ブラックよりは少ないです。
家のローンを残してますから、厳しい目で見られるかもしれません。

 

 

過払い金返還請求でブラック

 

敬遠する業者もいるかもしれませんが、
これに関しては、こちらは言わば被害者側ですから、融資可能なケースも多いはず。

 

 

長期延滞でブラック

 

現在進行形の延滞は、業者はかなり敬遠します。
このブラックで審査に通る可能性は低いです。

 

 

クレジットカードでブラック

 

クレジットカード会社では厳しいですが、
「全情連」しか個人情報を見ないキャッシング会社なら、可能性あり。

 

 

 

・・・以上のような感じになります。
状況によっては、ブラックでも融資OKな場合があるというわけですね。

 

 

とはいえ、ブラック扱いにならないのが一番いいのは言うまでもありません。
極力、計画的な返済計画を立てましょう。

 

 

消費者金融でブラックでも融資のOKを勝ち取ろうと思ったら、
それなりに知識・情報を身に付けた方が良いと思いますので、
当WEBマガジンで得た情報を活用して、
今のあなたの経済状況を少しでも改善していって下さい。




 

 【特集】実際の審査通過率データが導く、あなたが借りれるトコロとは?

 

特集画像

当サイト経由で融資の申し込みがされた場合、それが実際に融資まで至ったどうかがデータとして残ります。そのデータさえ見れば、どの金融機関が一番審査を通りやすいかは一目瞭然です。


この「融資通過率」とも言うべき数字は、消費者金融でブラックとなった人が採るべき行動を明らかにしてくれます。


つまり、最初はココに融資を申し込んでみて、ダメだった次はあそこ、それでもダメなら次は・・・という具合です。


⇒ 特集記事を読む

消費者金融のブラックへの審査、OKとNGの別れ目は?関連ページ

消費者金融で「ブラックOK」と宣伝するのは闇金だけ。
消費者金融で「ブラックOK」と広告を打っているのは、間違いなく闇金です。だって・・・どう考えてもオカシイじゃないですか!
「ブラックでもOK」な消費者金融は、アフィリエイターの創作だ!
消費者金融自身は言ってないけど、宣伝をする人が成果を上げたいがために「ブラックでもOK」という文言を使う場合が多々あります。