「ブラックでもOK」な消費者金融は、アフィリエイターの創作だ!



「ブラックでもOK」な消費者金融は、アフィリエイターの創作だ!

 

消費者金融で「ブラックでもOK」と公言するところは闇金以外にないと、
別の記事でお話しましたが、
実は消費者金融自身は言ってないけど、
宣伝をする人が成果を上げたいがために
「ブラックでもOK」という文言を使う場合が多々あります。

 

 

聞いたことがある人もいるかと思いますが、
多くの消費者金融紹介サイトなどで
「アフィリエイト」という成果報酬型の広告が使用されています。

 

 

訪問者としては別にそれが広告だとは意識しないと思います。
ただリンク先の消費者金融の公式ホームページで申し込みをするだけですから。

 

 

めでたくあなたが審査に通り融資決定になると、
あなたが初めに訪問したサイトの運営者に
消費者金融側から5000円だとか1万円だとか、
そのくらいの報酬が入るシステムです。

 

 

これはアフィリエイトをする側にとっては
非常に高額でオイシイ広告なのです。
ですから多くの人や企業が
こぞって消費者金融の情報サイトを立ち上げているワケです。

 

 

・・・それ自体は問題ない現象だと思います。

 

 

問題なのは、広告主である消費者金融が認めるはずのない宣伝文句を
アフィリエイターが使ってしまうことです。

 

 

「ブラックでも融資OK!」
「ブラック者にも審査が甘い」 などなど・・・。

 

 

実際、多くの消費者金融は
アフィリエイトに際してそのような表現を禁止しています。

 

 

しかし、現実問題として
全てのアフィリエイターを完全に監視することは不可能に近いですから、
どうしても上記のような宣伝が跋扈する結果になってしまっています。

 

 

あなたがどこかの情報サイトから消費者金融への申し込みをする際には、
必ずその公式ホームページを隅々まで読んで、
商品・サービスの内容をチェックするように心掛けて下さい。

 

 

情報サイトの記述を鵜呑みにして審査を申し込んでしまうと、
「申し込みをした」という事実が個人信用情報機関に登録されていまいますから、
場合によっては、ただ信用情報を汚す結果になるだけです。

 

 

そうすると借りられる消費者金融がどんどん減ってしまいます。
条件が悪化していくだけですからね。

 

 

ブラック者およびブラック寸前という人は、
くれぐれも慎重に消費者金融への申し込みをしなければなりません。

 

 

「ブラックでも融資OK!」
「ブラック者にも審査が甘い」

 

 

というのは、アフィリエイターの創作にすぎませんし、
もし消費者金融会社の公式ホームページにもそんな言葉が並んでいたら、
その業者は間違いなく闇金なので、絶対に手を出してはいけません。




 

 【特集】実際の審査通過率データが導く、あなたが借りれるトコロとは?

 

特集画像

当サイト経由で融資の申し込みがされた場合、それが実際に融資まで至ったどうかがデータとして残ります。そのデータさえ見れば、どの金融機関が一番審査を通りやすいかは一目瞭然です。


この「融資通過率」とも言うべき数字は、消費者金融でブラックとなった人が採るべき行動を明らかにしてくれます。


つまり、最初はココに融資を申し込んでみて、ダメだった次はあそこ、それでもダメなら次は・・・という具合です。


⇒ 特集記事を読む

「ブラックでもOK」な消費者金融は、アフィリエイターの創作だ!関連ページ

消費者金融のブラックへの審査、OKとNGの別れ目は?
消費者金融のブラックへの審査では、融資がOKになったりNGになったりします。どうやら、ブラックの「種類」が影響しているらしいんです・・・
消費者金融で「ブラックOK」と宣伝するのは闇金だけ。
消費者金融で「ブラックOK」と広告を打っているのは、間違いなく闇金です。だって・・・どう考えてもオカシイじゃないですか!