消費者金融の「申し込みブラック」とは?



消費者金融の「申し込みブラック」とは?

 

消費者金融の「申し込みブラック」とは、簡単に説明しますと・・・

 

 

申し込みをした時に業者は個人情報を取得します。
その時に情報機関に開示歴が残ります。

 

 

例えば、A社に申し込み、断られてB社に申し込み、
さらに断られ、C社に申し込みをした場合、C社に他社で断られた事がわかります。

 

 

そうすると、よほど切羽詰まった方と思われ警戒されます。
つまり細かい審査に入る前に断られる可能性があります。
それが「申込みブラック」です。

 

 

1ヶ月間に申し込みできるのは、3件程度と一般的に言われています。
それを超えると消費者金融においては、申し込みブラックになるようです。

 

 

申し込みブラックが消費者金融で嫌われる理由として、
まず第一に挙げられるのが、
短期間に申し込みが多いと、よほど切羽詰っているイメージがあるということです。

 

 

相当お金に困っているイメージがあり、
返済はもう限界かと予想され、貸倒れのリスクが高まると判断されてしまいます。

 

 

また、短期間に申し込みが多いと、お金の使い方が計画でないイメージを持たれ、
無計画な借り方をする人と判断される可能性が高まります。

 

 

申し込みブラックになると、警戒する消費者金融は多いようで、
融資を断られることも少なくないようです。
注意しましょう。




 

 【特集】実際の審査通過率データが導く、あなたが借りれるトコロとは?

 

特集画像

当サイト経由で融資の申し込みがされた場合、それが実際に融資まで至ったどうかがデータとして残ります。そのデータさえ見れば、どの金融機関が一番審査を通りやすいかは一目瞭然です。


この「融資通過率」とも言うべき数字は、消費者金融でブラックとなった人が採るべき行動を明らかにしてくれます。


つまり、最初はココに融資を申し込んでみて、ダメだった次はあそこ、それでもダメなら次は・・・という具合です。


⇒ 特集記事を読む

消費者金融の「申し込みブラック」とは?関連ページ

消費者金融の「申し込みブラック」はいつ解除されるの?
消費者金融への申し込みを短期間にいっぱい行うと、「申し込みブラック」という扱いになり、門前払いを喰らう状況に陥ってしまいますが、一体いつになったら解除されるのでしょうか?
申し込みブラックでも借りられる消費者金融は?
申し込みブラックでも借りられる消費者金融をお探しの切羽詰った方へ、ちょっとしたコツを伝授したいと思います。