消費者金融の広告を比較すれば、闇金は一目瞭然!



消費者金融の広告を比較すれば、闇金は一目瞭然! 

 

もしあなたが不幸にもブラック扱いになってしまっても、焦ってはいけません。
こんな時こそ落ち着く事が重要です。

 

 

消費者金融を利用する時は必ず複数の業者の比較をして下さい。
金利は誰でもチェックすると思いますが、
ブラック者の場合は「広告」の比較・検討が疎かになりがちなので、
特に注意が必要です。

 

 

一番気を付けなくてはいけないのが、いわゆる「闇金」です。

 

 

テレビなどでも多く取り上げられているので、ご存知の方も多いと思いますが、
闇金と呼ばれる違法業者から融資を受けるのは、絶対に避けるべきです。

 

 

闇金は、マトモな消費者金融と比較して、「条件が良すぎる」という特徴があります。
これは広告を見れば一目瞭然です。

 

 

「他社で断られた方、大歓迎!」
「誰でも融資します。」
「ブラックOK!」
「無審査即日融資!」
「独自審査! コンピューター審査なし!」
「500万まで一本化! 3%〜18%!」

 

 

といった夢の様な条件が書いてある消費者金融は、ほぼ闇金だと思われます。

 

 

・・・実は私・・・ネットで見つけた「2%でおまとめ」という広告につられ、
危うく闇金に手を出しそうになったことがあります。

 

 

たまたま金融庁の違法金融業者リストの中に
その消費者金融の名前を発見したので、難を逃れましたが・・・。

 

 

ブラック者にとっては
とにかく貸してくれる消費者金融を探すことが第一であって、
なかなか冷静に広告を比較・検討することが難しいんですよね。
上記のような広告を出している業者が
マトモな貸金業を営んでいるはずがないにも関わらず、です。

 

 

消費者金融を広告で比較すれば、アヤシイ業者は一目瞭然です。
ブラック者の方、今一度、肝に銘じるようにして下さいね。




 

 【特集】実際の審査通過率データが導く、あなたが借りれるトコロとは?

 

特集画像

当サイト経由で融資の申し込みがされた場合、それが実際に融資まで至ったどうかがデータとして残ります。そのデータさえ見れば、どの金融機関が一番審査を通りやすいかは一目瞭然です。


この「融資通過率」とも言うべき数字は、消費者金融でブラックとなった人が採るべき行動を明らかにしてくれます。


つまり、最初はココに融資を申し込んでみて、ダメだった次はあそこ、それでもダメなら次は・・・という具合です。


⇒ 特集記事を読む

消費者金融の広告を比較すれば、闇金は一目瞭然!関連ページ

金融庁に消費者金融のブラックリスト一覧がある!
金融庁が「違法な金融業者」を公表しています。これは言わば、消費者金融のブラックリスト一覧ですね。
消費者金融「トラスト」がブラックOKと噂されるワケとは?
「トラスト」という消費者金融が、ブラックでも融資をOKしてくれる?どうも眉唾モノだなぁ・・・と思ったので、ちょっと調べてみました。
ブラックの人を狙った「融資保証料」詐欺
消費者金融からブラック扱いされている人に嘘の融資話を持ちかけ、手数料名目などでお金をだまし取る「融資保証料詐欺」の被害が深刻化しているようです。