ブラックの人を狙った「融資保証料」詐欺



ブラックの人を狙った「融資保証料」詐欺

多重債務を抱えているなどの原因で、
消費者金融からいわゆる「ブラック」扱いされている方を狙って
嘘の融資話を持ちかけ、手数料名目などでお金をだまし取る
「融資保証料詐欺」の被害が深刻化しているようです。

 

 

被害者の一人である主婦は、消費者金融2社に約80万円の借金があったそうです。
ある日、都内の金融業者から8月中旬にメールマガジンが届き、
そこには、他社の複数の債務を一本化し、
低利での融資に「借り換え」ができると記されていたとのこと。

 

 

数日後、主婦は同社のホームページ(HP)にあった番号に電話を入ると、
応対した男は
「あなたはお金を借りるのが難しい人のリスト(ブラックリスト)に載っており、
今のままでは融資は無理だが、上司にかけあい、
融資を受けられるようにしてあげましょう」と語ったそうです。

 

 

そしてその主婦は、指定された駅に到着すると、
男は携帯電話で大手消費者金融の無人契約機に向かうよう指示。
これを重ね、結局2社から70万円を借りる羽目になったそうです。

 

 

すると、男は
「今回、あなたがお金を借りられたのは、自分が手を回したから」
と語ったうえで、
「動いてくれた」司法書士ら5人に礼金を払うようにいわれたとのこと。

 

 

明らかに融資保証料詐欺の手口ですが、この主婦は
「当時はワラにもすがる思いで、考える力がなくなっていた」
と後悔しているようです。

 

 

困っている時こそ、冷静な判断力が重要と言うわけですね。

 

 

なんて偉そうなことを言ってしまいましたが・・・
実はこの主婦の事例は、
私が引っ掛かりそうになった「1本化詐欺」とほとんど同じ手口なんです。

 

 

私の場合もメルマガでたまたま広告をみて、
「低利でのおまとめ」に惹かれて連絡を取ろうとしてしまったんです。

 

 

ただ聞いたことのない消費者金融であったことと、
ホームページがあまりにシンプルすぎたことから、「怪しい」と思い、
ネットでその業者名を検索してみると、
架空請求や詐欺を行う業者としてリストアップされていたんです!

 

 ↓↓↓

 

金融庁が違法な金融業者に関する情報についてという
PDFファイルを公表しています。

 

 

・・・うまい話にはウラがある。

 

 

ブラック者の私達にとってあまりに都合の良い融資話には
このような保証料詐欺などが待ち構えていますので、
聞いたことのない消費者金融を利用するときは特に気を付けましょう!




 

 【特集】実際の審査通過率データが導く、あなたが借りれるトコロとは?

 

特集画像

当サイト経由で融資の申し込みがされた場合、それが実際に融資まで至ったどうかがデータとして残ります。そのデータさえ見れば、どの金融機関が一番審査を通りやすいかは一目瞭然です。


この「融資通過率」とも言うべき数字は、消費者金融でブラックとなった人が採るべき行動を明らかにしてくれます。


つまり、最初はココに融資を申し込んでみて、ダメだった次はあそこ、それでもダメなら次は・・・という具合です。


⇒ 特集記事を読む

ブラックの人を狙った「融資保証料」詐欺関連ページ

金融庁に消費者金融のブラックリスト一覧がある!
金融庁が「違法な金融業者」を公表しています。これは言わば、消費者金融のブラックリスト一覧ですね。
消費者金融「トラスト」がブラックOKと噂されるワケとは?
「トラスト」という消費者金融が、ブラックでも融資をOKしてくれる?どうも眉唾モノだなぁ・・・と思ったので、ちょっと調べてみました。
消費者金融の広告を比較すれば、闇金は一目瞭然!
消費者金融の広告の比較すれば、闇金なんて一目瞭然のはずなんですが、ブラック者は見落としがちなんです。