金融庁に消費者金融のブラックリスト一覧がある!



金融庁に消費者金融のブラックリスト一覧がある!

 

金融庁が違法な金融業者に関する情報についてという
PDFファイルを公表しています。

 

 

これは言わば、消費者金融のブラックリスト一覧ですね。
このWEBマガジンの中で、「ブラック」というと私達のことなのですが、
今回は消費者金融側を指します。

 

 

事故(ブラック)情報が記載される形式の個人信用情報機関と違って、
違法(ブラック)な活動をしている「業者名のリスト」なのですから、
まさに消費者金融のブラックリスト一覧と言えます。

 

 

ここに記載されている業者と関わるのは絶対に止めましょう。

 

 

私は実際に、このリストのおかげで助かった経験を持っています・・・。

 

 

当時、着実に多重債務になりかけていた私は、
たまたまネットで見つけた「金利2%でおまとめ」という甘い宣伝につられて、
その消費者金融のサイトから申し込みをしようとしていました。

 

 

しかし、そのサイトがあまりにシンプルすぎて胡散くさかったので、
その業者名で検索をかけて、できる限り調べてみたんです。

 

 

すると、冒頭で挙げた違法な金融業者に関する情報についてに、
バッチリその業者の名前がリストアップされていたんです。

 

 

そのおかげで私は難を逃れたわけですが、
そのブラックリスト一覧を見て驚くのが、
有名な会社名に似せた名前をつける消費者金融が多いことです。

 

 

詳しくはこのカテゴリの他の記事に譲りますが、
聞いたことがない名前の消費者金融を利用する場合だけでなく、
馴染みのある名称の消費者金融であっても、
一度、チェックしてみることをお勧めします。

 

 

・・・リンク先を見てもらえれば、分かってもらえるはずです。




 

 【特集】実際の審査通過率データが導く、あなたが借りれるトコロとは?

 

特集画像

当サイト経由で融資の申し込みがされた場合、それが実際に融資まで至ったどうかがデータとして残ります。そのデータさえ見れば、どの金融機関が一番審査を通りやすいかは一目瞭然です。


この「融資通過率」とも言うべき数字は、消費者金融でブラックとなった人が採るべき行動を明らかにしてくれます。


つまり、最初はココに融資を申し込んでみて、ダメだった次はあそこ、それでもダメなら次は・・・という具合です。


⇒ 特集記事を読む

金融庁に消費者金融のブラックリスト一覧がある!関連ページ

消費者金融「トラスト」がブラックOKと噂されるワケとは?
「トラスト」という消費者金融が、ブラックでも融資をOKしてくれる?どうも眉唾モノだなぁ・・・と思ったので、ちょっと調べてみました。
消費者金融の広告を比較すれば、闇金は一目瞭然!
消費者金融の広告の比較すれば、闇金なんて一目瞭然のはずなんですが、ブラック者は見落としがちなんです。
ブラックの人を狙った「融資保証料」詐欺
消費者金融からブラック扱いされている人に嘘の融資話を持ちかけ、手数料名目などでお金をだまし取る「融資保証料詐欺」の被害が深刻化しているようです。