借入件数と借入総額を見極めれば、借りられる。



借入件数と借入総額を見極めれば、借りられる。

 

消費者金融でブラック扱いされている人が、
新たに借り入れの申し込みをして、審査に通過するには、
いくつかコツがあります。

 

 

今回はその中で、
「借り入れ件数」「借り入れ総額」についてご案内しようと思います。

 

 

貸金業法の改正に伴い、
年収の3分の1を越える借り入れができなくなりました(総量規制)が、
これには抜け穴があって、
銀行のキャッシングやローンは含まれないことになっています。

 

 

貸金業法はあくまで「消費者金融」が対象であり、
銀行は「銀行法」によって統制されている、というのが理屈です。

 

 

なので、単純に考えると、
年収の3分の1を越える借り入れをしている場合は、
銀行のキャッシングやローンに申し込めば、審査に通る可能性が高いということになります。

 

 

もちろん、その場合でも
銀行側は個人信用情報を閲覧して、
あなたの消費者金融からの借り入れ状態を把握することが可能なので、
すでにたくさん借り入れしていることは不利に違いないのですが、
それでも消費者金融に比べたら、明らかに可能性はあります。

 

 

消費者金融の場合、
年収の3分の1を超過している人に貸し付けを行った場合、
モロ法律(改正貸金業法)に違反する行為になってしまいますから。

 

 

これはけっこう厳重に守られている気がします。
監督官庁の監視・指導が徹底しているのかもしれませんね。

 

 

ただ、あなたが気にしているのが、
借り入れ総額ではなく「件数」である場合は、
消費者金融でも十分に審査に通る可能性があります。

 

 

件数に関しては貸金業法に特に規定はないですから。
逆に銀行の方が「件数」に関しては敏感な気がします。

 

 

当サイト経由で金融各社に融資の申し込みをした人が、
実際にどのくらいの割合で審査をパスしているか、
特集記事としてまとめましたので、そちらもぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

>> 【特集】 実際の審査通過率データが導く、あなたが借りれるトコロとは?




 

 【特集】実際の審査通過率データが導く、あなたが借りれるトコロとは?

 

特集画像

当サイト経由で融資の申し込みがされた場合、それが実際に融資まで至ったどうかがデータとして残ります。そのデータさえ見れば、どの金融機関が一番審査を通りやすいかは一目瞭然です。


この「融資通過率」とも言うべき数字は、消費者金融でブラックとなった人が採るべき行動を明らかにしてくれます。


つまり、最初はココに融資を申し込んでみて、ダメだった次はあそこ、それでもダメなら次は・・・という具合です。


⇒ 特集記事を読む

借入件数と借入総額を見極めれば、借りられる。関連ページ

個人信用情報機関を攻略すれば、借りられる。
ブラックでも借りられる消費者金融を探すためには、個人信用情報機関を攻略する必要があります。そのための具体的な方法を伝授します。