消費者金融では「事故情報」を「ブラック情報」と呼んでいる。



消費者金融では「事故情報」を「ブラック情報」と呼んでいる。

 

他のところでも再三お話していますし、皆さんすでにご存知かと思いますが、
消費者金融は融資の申し込みを受けた際、
その申し込み者の情報を「個人信用情報機関」というところから得ます。

 

 

これが、この人にお金を貸して大丈夫かどうか、判断する資料のひとつになります。

 

 

よく誤解されているようでうが、
個人信用情報機関では、データーベースの中に人物リストを作ってはいないので、
「ブラックリスト」というものは存在しないんです。

 

 

これはあくまで通称であって、
返済に滞りのない通常の情報をホワイト情報、
返済が滞ったりした場合の事故情報をブラック情報と言うことから、
ブラック情報が個人信用情報機関に登録されたことを、
「ブラックリストに載った」という言い方をされているようです。

 

 

ブラックリストはないけれど、事故情報は登録されるってコトですね。

 

 

では、事故情報とは具体的にはどんな内容なのかと言うと、
支払いが遅れた(延滞)から、それがどうなったかという全て情報を指します。

 

 

また、実際に個人信用情報機関では、「事故区分」や「異動」という風に表示されています。
各機関によって微妙に異なるようですが、共通しているのは、次のような内容です。

 

 

まずは延滞の内容です。
延滞の発生から、その後その遅滞がどうなったかという事故情報。
長期延滞、延滞後入金、延滞回収、延滞後解約などと記載されているわけです。

 

 

あとは代位弁済ですね。
これについては用語集で触れようと思っていますが、
要するに、本人以外の誰かが支払ったという事故情報です。

 

 

あとは取引停止、強制退会。
消費者金融側から言えば借金を踏み倒されたよ、という事故情報ですね。

 

 

その他、公的情報として、破産宣告等の情報を事故として登録する機関もあります。

 

 

自分の事故歴を確認したいのであれば、
利用している消費者金融が参照している個人信用情報機関に足を運んで、
自分の信用情報を閲覧してみましょう。
ブラック情報が記載されているかどうか、自分の目で確認できますよ。

 

 

主な機関を挙げておきますので、参考にして下さい。

 

 

消費者金融系なら → 日本信用情報機構
銀行系なら → 全国銀行個人信用情報センター
クレジット系なら → CIC




 

 【特集】実際の審査通過率データが導く、あなたが借りれるトコロとは?

 

特集画像

当サイト経由で融資の申し込みがされた場合、それが実際に融資まで至ったどうかがデータとして残ります。そのデータさえ見れば、どの金融機関が一番審査を通りやすいかは一目瞭然です。


この「融資通過率」とも言うべき数字は、消費者金融でブラックとなった人が採るべき行動を明らかにしてくれます。


つまり、最初はココに融資を申し込んでみて、ダメだった次はあそこ、それでもダメなら次は・・・という具合です。


⇒ 特集記事を読む

消費者金融では「事故情報」を「ブラック情報」と呼んでいる。関連ページ

事故の記録はいつまで残るの?
消費者金融で長期延滞などの事故を起こすと、それが事故情報=ブラック情報として、個人信用情報機関に登録されてしまいますが、一体その記録はいつまで残るものなのでしょうか。・・・まさか、一生?いえいえ、ちゃんと登録期間が定められています。