事故の記録はいつまで残るの?



事故の記録はいつまで残るの?

 

長期延滞などの事故を起こすと、
それが事故情報=ブラック情報として、
個人信用情報機関に登録されてしまいますが、
一体その記録はいつまで残るものなのでしょうか。

 

 

・・・まさか、一生?いえいえ、ちゃんと登録期間が定められています。

 

 

消費者金融系の全国信用情報センター連合会(現・日本信用情報機構)の場合・・・

 

 

・延滞に関する情報は、延滞継続中の期間、もしくは延滞が発生した日から1年間。
・保証会社等が本人に代わって返済した情報は、発生日から5年間。
・債権回収・債務整理に関する情報は、発生日から5年間。
 ただし、官報に記載される自己破産・民事再生の場合は10年間。

 

 

銀行系の全国銀行個人信用情報センターでは・・・

 

 

・延滞、代位弁済などの情報については、その事実が発生した日から5年間。
・自己破産や民事再生などの官報記載事項は10年。

 

 

クレジット系 → CICは・・・

 

 

・延滞解消日、本人以外の弁済から5年。
・破産、民事再生などの官報記載事項は7年間。

 

 

消費者金融系の個人信用情報機関の加盟店の場合は、
遅滞の事故情報のみ1年間と、割りと短期間ですが、
その他の機関・ケースにおいては5〜10年間、
事故情報=ブラック情報が登録され続けます。

 

 

ブラック情報の保持者になっても、
金融機関から借り入れでもしない限り、
日常生活に何ら不便・問題はないと思いますが、
くれぐれも消費者金融の利用と返済は計画的に行うようにして下さい。




 

 【特集】実際の審査通過率データが導く、あなたが借りれるトコロとは?

 

特集画像

当サイト経由で融資の申し込みがされた場合、それが実際に融資まで至ったどうかがデータとして残ります。そのデータさえ見れば、どの金融機関が一番審査を通りやすいかは一目瞭然です。


この「融資通過率」とも言うべき数字は、消費者金融でブラックとなった人が採るべき行動を明らかにしてくれます。


つまり、最初はココに融資を申し込んでみて、ダメだった次はあそこ、それでもダメなら次は・・・という具合です。


⇒ 特集記事を読む

事故の記録はいつまで残るの?関連ページ

消費者金融では「事故情報」を「ブラック情報」と呼んでいる。
消費者金融では信用情報における延滞などの事故歴を「ブラック情報」と呼びます。人物名のブラックリストがあるわけじゃないんです。