債務整理は意外にデメリットが少ない。



債務整理は意外にデメリットが少ない。

私は基本的におまとめローンを推奨していますが、
おまとめローンでも状況が改善されない場合、
さらに副業などにより収入アップを図っても返済が滞ってしまう場合は、
債務整理を真剣に検討してもらいたいと思っています。



誤解している人が多いですが、
債務整理って意外とデメリットは少ないですよ?



5〜7年間、カードの利用やローンの借り入れができなくなる程度です。
普通に生活していく上でデメリット呼べるのは、ホント、これだけですね。



日常生活に必要な家具や
ちょっとした現金まで根こそぎ没収されて、
生活に困窮することはありません。



また、選挙権や職業選択の自由も失いませんし、
(注:自己破産の場合は免責を受けるまでの一定期間、一部職業の制限あり)
引っ越しや海外旅行などの移動の自由も何ら制限されることはありません。



家族が保証人になっている場合を除いては、
家族に迷惑がかかることはありませんし、
子供にいたっては進学・就職に際して何の影響もありません。



債務整理というと、「人生終わり」「人間失格」「お先真っ暗」
というイメージがあるかもしれませんが、
債務整理はあくまで「罰」ではなく、「救済制度」です。



おまとめローンや副業では対応しきれないほどの借金であれば、
迷わず債務整理を選択して頂きたいと思います。



ひとつ、注意するべき点があるとすれば、
きちんとした専門家(弁護士・司法書士)を選ぶことですね。
債務整理の経験が豊富な先生にお願いするべきです。



変なところに頼むと、ミスリードされて、
かえって人生が難しくなる危険性もあります。
本当は避けられた自己破産を強引に実行されたり・・・。
金融機関との交渉に弱く、条件をたいして有利にできなかったり・・・。



債務整理に強い弁護士・司法書士の比較サイトを作ってみたので、
ぜひ参考にしてみて下さい。



⇒ 債務整理に強い弁護士・司法書士



ちなみに。
どんな方法を選択するにせよ、副業での収入アップは必須です。
収入を増やさないと、多くの人は、また借金を重ねることになります。
私は月7万円以上、ネット副業で稼ぐことでそれを避けることができています。
詳しくはこちらのページをご覧ください。





 

 【特集】実際の審査通過率データが導く、あなたが借りれるトコロとは?

 

特集画像

当サイト経由で融資の申し込みがされた場合、それが実際に融資まで至ったどうかがデータとして残ります。そのデータさえ見れば、どの金融機関が一番審査を通りやすいかは一目瞭然です。


この「融資通過率」とも言うべき数字は、消費者金融でブラックとなった人が採るべき行動を明らかにしてくれます。


つまり、最初はココに融資を申し込んでみて、ダメだった次はあそこ、それでもダメなら次は・・・という具合です。


⇒ 特集記事を読む

債務整理は意外にデメリットが少ない。関連ページ

はじめにお読み下さい。
あなたの現在の状況から、もっともベストな方法を診断して、ブラックの解決策を提示します。
おまとめローンで返済額を減らし、既存融資枠も復活させる!
おまとめローンで完済した消費者金融や各種カードは、またゼロから使えます。
ブラックでも借りれる消費者金融を探す?
おまとめローンで完済した消費者金融から借り入れれば済む話ですが、「何としてでも新規!」という方のために、総量規制対象外の会社や、比較的審査に独自色のある中小業者をご紹介します。
ネット副業で月7万円稼いでいます。
私はネットを使った副業で、月7万円〜10万円程度の副収入を得ています。そのおかげで、債務整理をせずに、毎月の返済ができているのです。「嘘だろ?」という方のために、報酬の証拠画像を掲載しておきます。